1000時間やってからがスタートだ!

以前、情報発信の懇親会で

スプラトゥーンというゲームが好きな人がいまして

 

こう言ったわけです。

1000時間やってからがスタートだと。

 

うーん、深いなと思ったわけです。

たかがゲームとか、そういうことではなく。

 

やはりゲームの世界も奥が深くて

やりこめばやりこむほど強くなるそうです。

 

そこから先は才能もあるみたいですが

やはり何事も時間数って大事です。

 

部活でも下級生の頃は体力づくりだったり

球拾いやコート整備のような下積みがあります。

徐々に練習をし始め様々な技術を習得していきます。

 

会社でも最初は仕事を覚えるための研修があります。

日々の業務の中で少しずつ自分のできることが増えていきます。

 

なので、この1000時間やってからスタートだという言葉が

とても響きました。

 

せどりでもそうですよね。

 

店舗を回る

ネットでリサーチする

 

出荷作業をする

事務作業をする

 

セミナーに参加する

人脈を広げる

 

外注化をする

 

やはり時間が必要です。

積み重ねが必要です。

試行錯誤が必要です。

 

そういった努力は必須です。

だから少し、やっただけで結論を出してほしくないです。

 

せどりは稼げない。

せどりは飽和している。

amazonの規制で厳しくなる。

 

そう判断してほしくないです。

 

きっちりと時間をかけて努力をする。

その積み重ねをした上で判断してください。

 

稼いでる人いっぱいいますよ。

独立してる人もいます。

せどりで家族を養っている人もいます。

 

100時間くらいやったところで判断していませんか?

1000時間やってからがスタートです!

 

そのくらいの積み重ねがあって初めてスタートです。

それまでの行動はウォーミングアップです。

 

早急に判断しても判断を誤ります。

じっくり腰を据えてやる必要があります。

 

結果が出るまでに、ある程度の時間は必要です。

ゲームであっても1000時間です。

 

気が遠くなりますよね。

ですが、その時間が自らの実力に変わります。

 

その過程では気づくことはないです。

ただ、ふと後ろを振り返った時に気づきます。

 

あー自分はこんだけやってきたんだと。

そして、その時間が自分の自信につながってきます。

 

まずは1000時間やってみましょう!

1000時間やってからがスタートだ!