張本智和は天才じゃない

卓球の張本智和くん(15歳)を知っていますか?

 チョレイという言葉で有名になりましたよね。

 

 

全日本卓球選手権大会

ではリオオリンピックの銅メダリスト水谷隼を破り

日本卓球界史上最年少優勝を記録しました。

 

その後も中国の世界ランクの1位の選手や

リオオリンピック金メダリスト

ロンドンオリンピック金メダリストを次々と撃破しています。

 

世界ランキングでも日本人トップの8位と

素晴らしい実績を挙げています。

 

張本くんは小学校卒業とともに親元を離れ

エリートアカデミーに入校

 

入校当時156~157㎝の身長が

現在では175㎝と20㎝伸びたそうです。

 

その結果、体の変化により

思うようなプレーができなくなってしまったそうです。

 

体が浮いてしまい

自分が出せるパワーが出し切れていない

 

フォームを1から作り直しました。

そのために張本くんがやったことは。

 

9時練習といったら8時30分から練習をしている。

12時練習終了といったら12時30分まで残ってやってる。

 

卓球の強化本部長の宮崎さんも努力の天才と称していました。

 

世界選手権ベスト8で強化本部長達が喜んでいる中

次の日の朝6時に朝練をやっていたそう。

 

普通緩みますよね。

世界ベスト8の翌朝くらい。

 

自ら積極的に時間を作り

人よりも多く練習する。

 

地道な努力が張本君を強くしたと言えるでしょう。

 

練習内容にしても世界ランク50位内の選手を全部研究している

だからトップ選手に相当強い

 

球数をただ打つのではなく

対戦相手に合わせた練習方法を明確に作り上げ

取り組んできた。

 

ただ練習をするだけではなくて

自分の目標を達成するために本当に考えていますよね。

 

15歳でずば抜けた結果を出すと

どうしても生まれながらの天才なんだなと

持って生まれた才能が違うと思ってしまいます。

 

もちろん才能はあったと思いますが

考えてずば抜けた努力をしていますよね。

 

自分の才能を磨く努力がすごいです。

そして張本くん、すごいことを言っています。

 

2020年東京オリンピックで金メダルを獲る。

その先は考えていない

 

最後の目標と言っています。

その時に17歳ですよ。

 

中学生にして驚きの発言ですよね。

17歳以降のことは考えていないとのこと。

 

自分で退路を断っていますよね。

 

年齢を考えれば東京オリンピックの次か次

そのまた次が年齢的にはピークですから。

 

本気で17歳で東京オリンピック

金メダルを獲りにいっています。

 

何をするにしても才能ってあるとは思います。

 

ただ張本君の意識の高さ、

明確な努力の仕方、目標設定の方法。

 

教わる点は多いと思います。

 

才能は別にしてあなたは張本君と同じ意識で目標設定をしていますか?

自分はできていません。

 

何をやるにしても才能やセンスのせいにしないようにしましょう。

結果を出している人は、やはり努力していますよ。

 

天才にはなれないかもしれません。

ただ努力する天才にはなれるかもしれません。

 

まずは自分のやるべきことを明確にして

努力しましょう!

 

チョレイ!^^