小さな鉄工所の大きな改革

あなたはHILLTOPという会社を知っていますか?

こちらの会社の山本副社長の話がとても面白かったです。

 

京都市にある鉄工所なんですがIT会社のようなきれいなオフィスを構えています。

 

アルミの削り出しなどで部品を作る工場で

ディズニー、NASAという誰もが知る企業の仕事をしています。

 

しかし35年前は油まみれの工場で孫請けとして

自動車部品を大量に生産していました。

 

当時のことを山本副社長は

 

誰が見たって3K5Kの職場をいいという人はいないと思う。

今でもルーティンと油のにおいのする

きけんなところから離れたいと

 

なので既存の町工場を辞めたいとの思いから大改革を行いました。

それが脱大量生産です。

 

大量生産は安定した収益が見込めますが

 

利益率5%程度と高くない上に

取引先から常にコストダウンが求められます。

 

安定して受注ができて

薄利多売化もしれないが

 

それは逆に言うと面白みがなく

そこには労働で楽しむというのがないそうです。

 

代わりに導入したのが

多品種単品生産です。

 

1点ものの試作品に絞ることで

開発を楽しみながら

利益率20%以上にまで高めました。

 

とはいえ新たな部品を作り続けるには

優秀な職人が多く必要です。

 

ここにも工夫がありました。

脱職人。

 

職人には本当の職人とにわか職人がいるそうです。

日本には残念ながらにわか職人が多すぎる

 

にわか職人のやったものは

全部定量的におとせるそうで。

 

本当の職人にしかできないものもありますが

それ以外の技術をデータ化してID化しました。

 

自動で誰でも、モノ作りができる

システムを独自開発し。

 

普通は5年以上の修業が必要なものも

システムを使えばわずか2週間でできてしまいます。

 

この【脱大量生産】【脱職人】で

売上は10年で4倍

 

月面調査機に使える部品など

1点から発注できる他社にない強みで

 

世界から注文を受けています。

 

この好業績も副産物と言っています。

ただ面白い仕事を社員に提供したいだけだそうです。

 

山本副社長は言います。

 

基本的には人の働き方と言いますが

 

ほとんどの会社は仕事が

あまり楽しくないので

 

福利厚生で豊かにしたりとか

するんでしょうけど

 

仕事自体を楽しめる会社を

やりたいなと思っています。

 

これ、すごいなと思いましたね。

仕事の本質を感じたというか。

 

 

やはり楽しむということが原動力になります。

 

もちろん利益を追求するために

脱職人、脱大量生産を思いつくといったこともあるでしょう。

 

ただやはり楽しむからこそ結果がついてくるんだなと。

楽しむということは最大の武器になるなと。

 

嫌々仕事をするのではなくて

楽しくて楽しくて

 

より楽しむために工夫をして

その工夫がさらに仕事を楽しくして

 

結果、収益がついてくる。

理想の循環な気がします。

 

仕事をする上で結果は大事です。

当たり前に結果は出さないといけません。

 

ただそれでもやはり楽しんで結果を出したいと強く思いました。

まずは楽しみましょう^^

 

ただ