独立をする方法

せどりをやっている目的は人それぞれです。

 

お小遣いを増やしたいという人もいれば

独立をしたいという人もいます。

 

自分は会社がとても嫌だなと思っていたので

独立したくてしょうがなかったです。

 

ただ会社を辞めるのはすごく怖かったです。

自分なんかが独立できるのかなって。

 

だから独立ってどうやったらできるのかなって

いつも考えてました。

 

税理士やFPで独立した人に意見を求めたりしました。

 

元々、独立したかったとか。

別に独立は難しくないよとか。

 

自分の中で腑に落ちない答えばかりで

それができれば苦労はしないよと

いつも思っていました。

 

そして自分なりの独立する方法を考えました。

 

まずはせどりのチームで独立した先輩に

どのくらいの月商、月収が目安になるのか

聞きました。

月商300万円、月収60万円くらいが目安でしたね。

 

そして、せどり1本で独立することをどう思うか聞きました。

 

それから本を読みました。

2,3冊でしたね。

 

自由に生きる、後悔しない生き方

そのようなタイトルの本を読み

自分の考えを変えいていきました。

 

一番大きかったのは本田圭佑さんの言葉だったのですが

一度キリの人生だから好きなことをやろうと思いました。

 

あとは冷静に自分の状況を見て決断しました。

会社は給料も低いし休みも取りにくいし

有給も使えませんでしたからね。

 

そして今独立して1年経って

独立に必要だなと思うものが3つ見えてきました。

 

①貯金

 

これはすごく大事ですね。

自分としては最低半年の生活費はあったほうがいいと感じました。

できれば1年。

 

せどりは手元にお金を残すのが難しいですから

イレギュラーなことがあっても生活ができるお金がないと

精神的に厳しくなります。

 

変な話1年働かないでも生活できる貯金があれば

せどりでうまくいかなくてもバイトして食いつないだり

他のビジネスに挑戦する時間がありますからね。

 

②電脳せどり

 

これは異論があると思います。

店舗せどりだけでも凄い実績の人はたくさんいますから。

 

ただ自分の場合は体調を崩してしまい苦労しました。

車の運転がキツイ、歩くのもキツイ。

そうなってしまったんですね。

 

ヘロヘロ

 

店舗せどりをするのが難しくなってしまいました。

ちょうど電脳せどりに移行した時期だったので

なんとかなりましたが。

 

これ店舗せどりしかできなかったら

大変なことになっていました。

 

複数の手法を覚えるというと

少し大変ですが

 

リスクヘッジのためにも覚えておいた方がいいです。

 

③月収50万円

 

自分は一人暮らしなので50万円を稼げれば

最低限なんとかなるかなと思ってます。

 

ちなみに自分は全然お金を使いません。

自炊してますし贅沢はしません。

 

独立をすると税金でいろいろ持っていかれます。

 

50万円でも全然多くないです。

100万円稼ぐくらいを目標にしないと

将来的には厳しいと感じています。

 

以上が独立して1年が経って必要だなとおもったことです。

自分自身は独立が目標だったので多少燃え尽き症候群になっていて

 

体調不良もあり難しかったです。

 

自分の場合は貯金が生活費の1年以上あったので

冷静な判断ができました。

 

独立をすると副業時代の1.5倍~2倍の数字が見込めると思いますが

自分のようにうまくいかない場合もあります。

 

今でこそ数字は回復してきましたが

副業時代より数字を落とすということは

自分の想定外でした。

 

独立するのであれば

いろいろシミュレーションするといいですよ。

 

副業で月収50万円達成して

独立後、月収30万円になっても

問題なく生活ができるか。

 

アカウント停止になっても

生活ができるか

 

最後は覚悟を決めて飛び出すしかないんですが

自分にとって何がリスクなのか

 

一つでも想定外をなくすために

考えたほうがいいですね

 

ちなみに自分は独立を全然後悔していませんよ。

体調も万全ですし

 

ガンガンやっていこうと思っています^^

ドラえもんの主題歌のあのフレーズ

自分の知り合いに30を超えて

芸人になりたいという後輩がいます。

 

めしだ君(仮名)と言います。

 

彼は非常に面白い男で

プロサッカーチームを地元に作りたいと

真顔で言う男です。

 

夢を持っている男で

普通の人の感覚とは少し違う感じ。

 

ただ残念なのは夢を追ってるんですよね。

いつまでも夢を追っている。

 

現実が見えていないのです。

 

プロサッカーチームを地元に作るなんて

絶対に無理だ。

 

そんなことは言いたくありません。

やってみないとわかりませんからね。

 

ただ、夢を目標に変えないと厳しいでしょう。

具体的に何をどうするのか。

 

彼は去年、M-1アマを獲るという目標を

掲げました。

 

1年後の目標を立てて月間の目標を立てて

取り組んでいました。

 

しかし、仕事がとても忙しいのもあって

月間の目標も、なあなあになっていき

全然、計画通りに進まず。

 

結局、M-1の出場すら取りやめてしまいました。

本人曰く恥をかくだけですから…という話です。

 

まず年間の目標を決めたら

月間の目標に落とし込みます。

 

月間の目標に落とし込んだら

週間の目標に落とし込みます。

 

そしたら、それをやるだけです。

 

週間の目標を達成し続ければ

年間の目標にたどり着きます。

 

毎週計画を達成すれば

年間の目標を達成できます。

 

ただ、彼はできませんでした。

 

なぜできなかったかというと

仕事がとても忙しいというのもありましたが

 

彼はモチベーションが上がりません…

無理です…

 

とか言ってしまうんですよね。

 

30超えて芸人という厳しい世界で

挑戦しようとしているのに

 

そんなこと言える立場ではないのに

全然わかってないんですよね。

 

ただ、それでも夢を諦めることもできず

今年も挑戦しようとしています。

 

ただ彼は会社を辞めようとしないんです。

月間250時間くらい拘束されてしまう会社なので

 

転職を勧めているのですが

転職すら怖い…と言っています。

 

ちなみに彼は2017年の11月に

会社を辞めると言ったものの

 

その後何度も辞めると言ったのに

いまだに今の会社にしがみついています。

 

夢があるのに

 

挑戦するために

成功するために

 

リスクを取ろうとしないんです。

 

今でもYoutube

ネタをアップしたりもしているんですが。

 

残念ながら趣味感覚にしか見えないです。

 

転職はいつまでにするのか?

お笑い養成所に入るのか?

 

聞いても時間をくださいと。

結論を先延ばしにするだけです。

 

彼を見ているとドラえもんの主題歌を

思い出します。

 

こんなこといいな

できたらいいな

 

あんなゆめ

こんなゆめ

 

いっぱいあるけどー

 

みんなみんなみんな

かなえてくれる

 

ふしぎなポッケでかなえてくれる

 

はい。

まず僕たちにドラえもんはいないんです。

 

こんなこといいな

できたらいいな

 

くらいの軽い気持ちでは夢は叶いません。

 

夢を目標にして計画を立てて

当たり前に努力しないと厳しいでしょう。

 

もし、あなたに夢があるのであれば

夢を目標にしてください。

 

目標にしたら覚悟を決めてください。

 

めしだ君には覚悟がないんです。

めしだ君のようにはならないでください。

 

もちろん、めしだ君がしっかり芸人になれるよう

サポートは続けていきますよ!^^

 

 

自分の中にライザップ

ライザップという名前は

すっかりと世間に浸透しましたよね。

 

体重を落とす

ダイエットジム

 

そのようなイメージかと思います。

 

一人では続かないのでトレーナーにサポートしてもらう

そんなイメージ。

 

結果にコミットする

 

そんな言葉をCMでも聞きました。

コミットとはなんぞやって話です。

 

直訳すると結果を出すことを約束する

といった意味。

 

つまりはライザップの言ったとおりにすれば

なりたい体になることを約束するということです。

 

これは素晴らしいですよね。

結構なお値段ですが、体重を落とせるなら魅力的です。

 

短期間で結果を出すための
「科学的根拠」に基づいたトレーニン

 

ムリせず続けるための
「栄養学」に基づいた食事指導

 

とライザップが体重を落とすために構築した

素晴らしいシステムを活用することができます。

 

ただ、ここで少し考えてほしいのが

何が一番大事なのかということです。

 

もちろんトレーニングは大事

食事指導も大事

 

でも一番大事なのは体重を落とすと決めて

体重が落ちるまでトレーニングや

食事制限を継続することです。

 

もちろんプロに教われば効率がいいでしょう。

ただ、ダイエットって自分ひとりでもできます。

 

どうしたらできるかというと

自分が自分の言ったことに対して

コミットするということです。

 

つまりは自分の言葉に責任を持つということです。

 

自分が痩せると決めたら

しんどくても、辛くても

目標に到達するまで、やるということです。

 

レーニング、栄養学といったものはテクニックで

大事なのは自分がやるって言ったことをやることです。

 

これを実践するのは難しいです。

難しいからこそライザップのような

ビジネスが成り立つわけです。

 

自分ひとりでは絶対無理だから

数十万円払ってでも一緒に頑張ってほしい

 

だったら自分の中にライザップを作るといいです。

どういうことかというと。

 

自分が口にした言葉に責任を持つようにします。

最初は簡単なことがいいです。

 

例えば週1回10分歩くとか

週1回、夜ご飯の白米を腹八分にするとか。

 

少しずつ自分が決めたことをやるといった

成功習慣を身につけていくことです。

 

自分は有言実行する人間だ

自分は自分の言葉に責任を持つ人間だ

 

そう自分の脳に思い込ませるんですね。

 

そして徐々に負荷をかけて

週2回歩く

週2回、夜ご飯の白米を腹八分にする

 

と成功体験を積み重ねていきます。

 

ただ人間ですから当然失敗します。

自分が言ったことを、やれないこともあるでしょう。

 

そんな時は立ち止まって原因の追究をします。

なんでできなかったのか?

 

そこを自分で把握する必要があります。

自分の弱さと向き合う必要があります。

 

ウヤムヤにしてはダメです。

 

なんで、できないのか

なんで、やらないかのか

 

徹底的に追及です。

 

やっぱり楽したいんですよね。

楽しても別に怒られるわけではないし。

 

でも、そこから逃げないほうがいいです。

 

才能とかセンスはみんなにあるものではないです。

ただ意思の強さは誰でも鍛えられます。

 

本気で自分と向き合えって

一つ一つ積み重ねていけば強くなります。

 

失敗しても諦めないで

逃げなければ

 

自分が言ったことをやりきれるような

意思の強さがあれば

 

絶対の武器になります。

 

自分の中にライザップを作りましょう^^

どうやったらお金は貯まるのか

お金ってどうしたら貯まるのか

考えてみました。

 

自分はFP技能士検定2級を持っています。

 

自分は体調が悪かった時期があり

人よりも収入を増やす努力ができない

 

なので支出を減らす努力をしないと

厳しいと思ったんです。

 

だから勉強しました。

 

まずお金を貯めようと思った時に

大概の人は収入がもっとあればと思います。

 

ただ、まず目を向けるべきは支出です。

 

月収が20万円の人でも貯まる人は貯まります。

月収100万円の人でも貯まらない人は貯まりません。

 

自分の収入に見合った支出にしないと

お金は貯まらないのです。

 

お風呂の浴槽にお湯を溜めようとした時に

栓がしっかり穴をふさいでないとお湯が漏れてしまいますよね?

 

いくらお湯の量を増やしても

お湯は漏れ続けてしまいます。

 

栓で穴をしっかりとふさぐということが

支出を抑えるということ

 

お湯の量を増やすということが

収入を増やすということです。

 

もちろん月収20万円の人より

月収100万円の人の方がお金は貯まりやすいとは思います。

 

ただ、やはり支出を見直した方が

お金は圧倒的に貯まりやすくなります。

 

もっと収入があれば…

そう思うのであればまずは支出の見直しをしましょう。

 

支出には固定費と変動費があります。

 

固定費は、毎月定額で支払う消費のことです。

変動費は、毎月金額が変動する消費のことです。

 

一般的には、以下のように分類されます。

【固定費】
・住居費、保険料、教育費、通信費、小遣い、諸会費など。

変動費
・食費、水道光熱費、服飾費、日用品、娯楽費、交際費、医療費、交通費など。

 

固定費に関しては住居費、保険料、通信費が削りやすいです。

 

まず家賃は収入の30%が目安と言われています。

どうしても家を借りるときに、いい家を借りたくなりますが

 

ここを見誤るとお金を貯めるのは苦しくなります。

身の丈にあったところに住みようにしましょう。

 

持ち家の方も住宅ローンを組んだのが数年前でしたら

 

金利の低いところに住宅ローンを借り換える

今借りている金融機関に金利引き下げ交渉を行う

 

といったことをするといいでしょう。

 

次に保険料

これは少し難しいのですが

 

保険屋さんに言われるがままに入った保険は

見直した方がいいです。

 

これは独身の人、結婚している人

子供がいる人、家族の状況と資産状況によって

変わってくるのですが

 

まずは自分にどのくらいの保障が必要なのか

算出したほうがいいです。

 

国民年金、厚生年金制度の把握をして

自分に万が一のことがあった時に

家計はどうなるかシミュレーションするといいです。

 

そこの足りない額を保険で、まかなえばいいです。

 

難しかったらファイナンシャルプランナーに相談するといいです。

保険の販売屋だと売ってナンボということもありますからね。

 

ちなみに自分はドル建ての終身保険に入っています。

為替リスクがありますが金利が高いですし。

 

外貨への分散投資といった感じでやってますね。

円安リスクに対する備えといってもいいですね。

 

資産の一部分でも外貨にしておかないと

円安になったときに資産が目減りしてしまいますからね。

 

それに個人的な考えでは保険料に毎月数万円を払うのであれば

貯蓄して対応しようという考えを持っています。

 

もちろん一長一短ありますので

自己責任になりますね。

 

次に通信費に関しては手を入れやすいですね。

格安スマホにすれば数千円支出を抑えられるでしょう。

 

これは大きいですよ。

自分も格安スマホにしていますが特に不便はないですし。

 

乗り換えをおススメします。

 

変動費では娯楽費、交際費に要注意ですね。

もちろん遊びたいでしょう。

 

ただ自分の収入に見合った額の遊びに抑えましょう。

それをきっちりと把握して毎月生活していきましょう。

 

これらのことを頭に入れて生活をすれば

お金は貯まりやすくなっています。

 

このようなお金が貯まる仕組みを構築してから

収入アップに取り掛かればいいのです。

 

収入が増えなくてもお金は貯まりますし

収入が増えればお金はさらに貯まります。

 

まずは支出の見直しをしましょう^^

 

ドラクエのボスからは逃げられない

 子供の頃ゲームが好きでした。

 

ドラゴンクエストというゲームに

はまっていました。

 

通称【ドラクエ

日本中を大熱狂の渦に巻き込んだゲームです。

 

RPGというジャンルで

 

プレイヤー自身がゲーム主人公の立場となり

世界中の様々なを解き明かしながら冒険を進め

悪の親玉を討つことを的とするゲームです。

 

このゲームはフィールドを歩ていると敵に遭遇します。

敵に勝つと経験値がもらえレベルアップをし

自分の能力が上がっていきます。

 

お金ももらえるので

装備を充実させ強くなっていくことができます。

 

戦闘時は

 

たたかう

じゅもん

にげる

ぼうぎょ

どうぐ

 

から自分の行動を選択します。

 

ある程度ゲームを進めていくと

ボスキャラが出てきます。

 

なぜかわかりませんが

ボスキャラからは逃げられないんですよ。

 

一応、にげるは選択できるのですが

回りこまれて絶対に逃げられないんです。

 

逃げられないと考えるわけです。

圧倒的に力の差があっても何かないかなと。

 

通常の敵には相手から受けるダメージを計算に入れて

たたかうだけで倒せます。

 

面倒だったら、じゅもんを使って複数の敵を倒したり

とにかく時間を短縮させようとします。

 

強い相手で死にそうになれば、にげるを選択して

生き延びます。

 

ただボスはそうはいきません。

逃げられませんから。

 

だからどんなに絶望的な力の差があっても

考えます。

 

普通の攻撃をしても絶対勝てない

マヌーサをかけてボスからの攻撃をあたりにくくしよう

 

ラリホーをかけて相手を眠らせて

その間に攻撃しよう

 

スクルトを唱えて見方の守備力を上げて

ダメージを少なくしよう

 

など普段しないような作戦を思いつきます。

 

なぜか?

逃げられないからです。

 

逃げるという選択肢があれば

いちかばちか逃げます。

 

でも逃げられないから考えます。

死んじゃいますからね。

 

これ結構大事です。

 

自分が何かやろうと思った時に

成功する人って逃げません。

 

逃げるという選択肢がありません。

 

だから考えます。

どうやって成功するか。

 

それしか考えてません。

 

でも成功できない人って

選択肢に逃げるがあるんですよね。

 

だから少し難しくなったら

諦めてしまいます。

 

自分が何か始めようと思ったら

逃げるという選択肢をなくすといいですよ。

 

その一つの選択肢をなくすことができれば

めちゃくちゃ考えますから。

 

能力の差ではないです。

覚悟の差です。

 

大したことないと思うかもしれませんが

もの凄い大きな差があります。

 

何か始めようと思ったら

まず最初に絶対に逃げない

やり切るぞと決めてください。

 

それだけで成功の確率は上がりますから^^

 

 

才能がなければ成功はできないのか

才能がなければ成功はできないのか?

そんなことはありません。

 

心配しないでください。

 

自分は才能がありません。

それはヒシヒシと感じています。

 

せどりの塾に入り周りを見渡した時に

周りのスペックの高さに驚きました。

 

嫉妬ですね。

 

問題解決能力が高いというか

処理能力が高いというか

 

才能、センスに満ち溢れている人が

いっぱいいました。

 

自分は特に持ってないなと。

着眼点、発想力は面白いとしても

形にするのに時間がかかるんですよね。

 

自分以外の人間だったらとっくに結果を出してるな

そう思うこともありました。

 

ただ、そんなこと言っててもしょうがないんです。

 

やると決めたらやるですね。

才能がないのであれば量でカバーしないといけません。

 

才能がある人が1,2回でできるのであれば

10回でも20回でもやって、こなせばいいだけです。

 

もちろん才能がなければ

到達できないレベルはあると思います。

 

ただ、せどりにおいては

月商200万円、月収40万円くらいは

努力だけでいけます。

 

副業でですよ。

月に40万円の収入が増えれば

人生変わりますよね。

 

言い訳をしないで、やり続ければ

到達します。

 

才能がなくても。

 

もう一度言います。

 

才能がなくても努力である程度はカバーできます。

諦めなければ。

 

月商200万円以上の数字は

少し何か必要になってくる気がします。

 

ただそれも才能のなさをカバーする情熱があれば

問題ないです。

 

根性と言い換えてもいいです。

 

そんなんことで?

と思われるかもしれませんが。

 

気持ちで持っていけます。

本当です。

 

そんなバカなと思われるかもしれませんが

それがせどりの素晴らしさです。

 

ただこれは結構難しいです。

 

人間ですから

どうしても周りと比べてしまいます。

 

軽々と結果を出す人が現れます。

本当にあっさりと。

 

こっちは試行錯誤して

死に物狂いでやっていても

 

自分よりも結果をサクサクと出す人が現れます。

もちろん陰で努力しているかもしれませんが。

 

心が折れそうになるんですよ。

 

自分はこんなに頑張ってるのに

世の中不平等だなと

 

それが現実です。

ただそれだけの話です。

 

なので自分がどんなに才能がなくても

どんなにセンスがなくても

 

結果が出るまでやり続けるんだ!

という意思が大事になってきます。

 

継続をしてください。

折れそうになる心を繋ぎとめて。

 

気づいたら成功が目の前に訪れますよ。

気がついたら。

 

必死になって毎日、毎日

言い訳しないで毎日、毎日

 

そんな毎日を過ごせば

結果はおのずとついてきます。

 

そして自分が歩んできた道を振り返った時に

あー自分はこんなところまできたのかと思うはずです。

 

才能はあったほうが、もちろんいいです。

ただ才能がなくても諦めなければ道は拓けてきます。

 

最初に決めればいいです。

 

どんなにうまくいかなくても

自分の目標に到達するまで絶対に諦めないって^^

 

本気でやろうぜ!

人生を変えるには当たり前ですが

かなり努力しなければ変わりません。

 

生きているとある程度

流れというものがあります。

トレンドですね。

 

そのトレンドを転換させようと思ったら

かなりの力を割かないと当たり前に変わりません。

 

悪い流れだなと認識しているのであれば

覚悟を決めて決断しないといけません。

 

何かをする!

そう決めたのであれば、やり遂げてください。

 

ただ、それだけです。

 

それでも続かない人は多いです。

思ったよりキツイ。

思ったよりも難しい。

 

そこで諦めるか、諦めないかが

人生の分かれ道です。

 

そんな簡単に結果は出ないです。

そんな簡単に人生は変わらないです。

 

苦しいでしょう。

辛いでしょう。

 

でも、それは当たり前です。

 

そういう思いをせずに人生は変わらない

そう思っていたほうがいいです。

 

何かを始めようと思った時は

やる気に満ち溢れているでしょう。

 

その気持ちを半年後も1年後も

持ち続けてください。

 

気持ちを切らしてはダメです。

そうすれば人生変わっていきます。

 

ではどうしたら気持ちを持ち続けられるか

 

それは、自分がやると言ったらやる。

そう決めましょう。

 

単純ですが

 

自分の言葉に責任を持ちましょう

自分の行動に責任を持ちましょう

 

そうすれば自分の人生が変わっていきます。

 

できなくてヘラヘラしていてはダメです。

真剣にやりましょう。

 

ただこれは意志の強い人でないと

無理だそうです。

 

では意思の弱い人が

気持ちを持ち続けるにはどうしたらいいか

 

それは目標を明確にすることです。

 

なんで挑戦しようと思ったのか

理由があると思います。

 

それが明確なほど努力ができます。

 

借金があって稼がないといけない

そういった理由がある人は妥協しません。

 

普通の人が無理だってことでもやります。

 

なぜか?

 

やらないと生活ができないからです。

生活ができないから稼ぐしかないのです。

 

だから毎日、努力することができます。

生きることに必死ですから。

 

ただ大抵の人は人生を変えたいと言っても

そこまで追い込まれている人はいません。

 

できれば人生変えたいなくらいです。

 

そのくらいだと余裕があります。

失敗しても人生は続いていくということが

潜在的に認識できています。

 

だから辛いことがあったら逃げてしまうのです。

逃げたら人生は変わりません。

 

そのことを強く意識したうえで

自分がなぜ挑戦するのか

目標を明確にしてください。

 

目標を明確にした上で

目の前の現実から逃げないでください。

 

人生変えたいのなら

本気でやりましょう!

 

シンプルですね^^