平昌オリンピック閉幕

大人になってからこんなにもオリンピックを見ることができたのは初めてでした。

テレビ見ながらでも仕事はできますからね。

 

独立してよかったなーと思います。

時間の融通が利きますね。

 

今日は閉会式を見ていました。

 

僕にとってはただの催しもの。

参加していた選手たちはどうだったのだろうか。

 

リラックスした表情が印象的でした。

4年間の努力の成果を出した後ですからね。

 

いろいろここまでの道のりとかを考えたりするのかな。

また4年後に向けて走り出すのでしょう。

 

自分も4年区切りで目標立ててみようかなと思いました。

その4年でどんだけ成長するか。

 

自分もせっかくやりたいことをやっているので達成感を味わいたいな~と思うのです

^^

高木菜那

高木菜那と聞いてもピンと来ない方ばかりだったかもしれません。

平昌オリンピックで金メダルをとって皆さんはっきりと認識したとは思いますが。

 

15歳でオリンピックに出た高木美帆さんのお姉さんと言われることが多かったと思います。

本人もすごく嫌だったろうなと思います。

 

15歳で金メダルを獲った水泳の岩崎恭子さんのお姉さんはすごい実力者だったのにやめちゃってますもんね。

普通、かなり嫌な気持ちになりますもんね。

 

でも彼女は次の五輪に絶対に出るんだと努力をしてソチ五輪に出場して美帆さんは落選。

その時に美帆さんは、なんでそんなにガツガツと五輪、五輪と言うのかよく理解できなかったらしいですが、そういった選手が五輪に出るんだなと思ったと語っています。

 

お姉さんは負けん気の強さが特徴で不屈の闘志で努力を続けてきたでしょう。

マススタートで金メダルを獲ったときに、あーこういう選手が金メダルを獲るんだなと納得しました。

 

絶対に誰にも負けない!

 

自分が一番になるんだ!

自分の目標を達成するんだ!

 

そういった思いをこの4年。

いやもしかしたら8年かそれ以上、ずっと持ち続けてきたのでしょう。

 

自分が恥ずかしくなりました。

 

自分にも目標があります。

ただ、そこまでこだわって取り組んでいるか?

 

口だけじゃないか?

もっとやれるんじゃないか?

 

そう思いました。

 

努力をしたからといって目標が必ず達成されるわけではありません。

ただ目標を達成する人って必ず努力をしていると思います。

 

絶対に自分は目標を達成するんだ!

そういう熱い気持ちを持たないといけないんだなと感じました^^

 

定置定番

会社に勤めているときに厳しい上司によく言われていました。

自分が使うものは決められた位置に置いておくことと。

 

自分はこういうの苦手で…。

 

いつもあれはどこいった。

これはどこいったって探してましたね。

 

そして10数年経った今も同じことをしています。

 

はさみはどこいった。

ガムテープはどこいった。

 

これすごく無駄な時間。

 

諸説ありますが探し物にかかる平均時間は1日10分。成人人生の3680時間、実に153日間を探し物に費やしているという、驚きの数字になる。

 

こればかにできないですよね。

自給2000円で計算すると736万円損してますからね。

 

いい車買えますね。

 

毎日の生活の中で探し物をしている時間があるのならば一度立ち止まって自分が使うものの位置を決めてみませんか?

 

それだけで効率が上がって仕事の成果も出やすくなるかもしれませんよ^^

 

いつ死ぬかわからない

自分は70か80歳くらいまでは生きるだろう。

ここ1年で死ぬはずがない。

 

そう思っています。

 

でも、そんな保証はないのです。

明日にでも人生終わるかもしれません。

 

自分が生きているのはそういう世の中です。

 

もし余命が1年だとしたら明日から自分の行動は変わってくるのかなと思っています。

もっと毎日、全力で生きると思います。

 

今も頑張っていますが、そこまで必死ではないです。

それはまだ自分が当分長く生きるものと思っているからです。

 

人間何時死ぬか、わかりません。

 

自分の命に感謝しながら毎日、自分のやりたいことをやって死ぬときに一つでも後悔をしない人生を送りたいものですね^^

組織化をしたい

最近、組織化をしたいと思っています。

まだ外注さん2名ですがその方たちにとって有益になる様な仕事を振れればと思っています。

 

自分の時間を使ってでも仕事をしたいと思っていただけるように。

わかりやすい形が報酬ですよね。

 

今日2時間やってもらって20円です。

厳しいですよね。

 

自分としてもこのままではまずいと思っています。

なんとか続けたいと思ってもらえるような仕組みづくりをしていきたいと思っています^^

資金繰り

せどりって本当に資金を回すのが大変です。

100円仕入れの2480円売りとか利益率のいい商品とか扱っているのですがクレジットカードの支払いが多いと焦ります。

 

とにかく単価の高い商品を売らないとまずい!!となります。

 

月収が増えてきたと思っても資金繰りが厳しくなってきています。

単価の高い商品を寝かせたりしている暇などないのです。

 

アカウントが停止されたらどうなるか。

Amazonからの入金のタイミングが遅れたら。

 

自分の体調を崩したら。

 

想定外のことが起きた時に対応できるようになっていますか??

せどりで一番大事なのは続けることです。

 

資金が回らなくなるということはゲームオーバーです。

資金は常に手元に余裕のある状態にしておきましょう。

 

あと100万円お金が必要となったときに、すぐに準備できますか。

いろいろ考えて慌てないように準備をしておきましょう^^

先入観はないほうがいい

今日は家の近くのTSUTAYAに漫画を借りに行ってきました。

閉店するということで店内を見ると閉店セールをやっていました。

 

スカスカの棚も多々ありましたが4万円くらい仕入れができました。

もっと早く来ればよかったなと思いましたー。

 

なぜ行かなかったかというと近隣のTSUTAYAの閉店セールで仕入れがあまりできなかったのでTSUTAYAの閉店セールはあまりおいしくないという先入観があったためです。

 

ただ、やっぱり思ったのはまずは行ってみたほうがいいということです。

以前ダメだからといって今回もダメかどうかはわかりません。

 

先入観で得することってないなと感じました。

もちろん経験も大事ですが自分の目で見て確かめるってことも大事だと感じました^^